私たちの歴史   | 私たちの住まい  | 私たちの生活   | トピックス  | お願い   | TOPページ  


子山ホームのホームページにようこそ。簡単に紹介させていただきます。

●昭和24年4月、ルーテル協会宣教師エーネ・R・パウラス女史が、松戸市小山にあった有隣学園(感化院)の経営を引き継ぎ、養護施設として変更し認可を受けました。






子山ホーム事務局の建物

●昭和27年5月、社会福祉法人チルドレン・パラダイスとして法人認可を受け、有隣学園から子山ホームと名称を改め、場所も松戸市から市川市国府台へ移し、子供はあくまでも家庭的に養育すべきというエーネ・パウラス女史の思想から、分散小舎制をとり、7~8名の子供を年齢を縦割りにして兄弟姉妹の様にして保母の家族(大半が夫婦者)と一緒に家族を構成し、地域の中に生活させました。

  また、エーネ・パウラス女史のキリスト教の愛の信仰から自然を愛し、人間を愛し、動物を愛することを、そして施設の中に、畑を作り、乳牛を飼い、子供達に労働の辛さや大切さを教えました。草一本でも命を絶つことを嫌い"草は抜かないで刈りなさい"とよく言われました。また牛のお産の時、徹夜して牛の陣痛の苦しみを自分の事の様に感じ、懸命に介抱されておられた姿が頭に浮かんできます。

  子供の進路について、パウラス女史に相談に行くと、「高校に進学させなさい」「大学へ入れる様にしてあげなさい」と必ず進学を進められました。そして"親のいる子は社会に出ても親というバックボーンがあるから何とかなるけど、親の居ない子は社会に出ると学歴だけが財産よ、びりでもいいから学校を出して上げなさい。"と言われていたエーネ・パウラス女史の言葉が思い出されます。エーネ・パウラス女史の尊い思想を継承してゆく努力をしてゆきたい。



ホーム(年長児のホーム)陸軍の兵舎を改造したもの




















●昭和38年大橋信雄氏が園長に就任し、平成14年3月までの40年間つとめられました。

↑ページTOP

〒298-0003 千葉県いすみ市深堀685 |TEL 0470-62-2325 |FAX 0470-62-8828 |E-mail info@h-koyama.or.jp